遠距離恋愛のつづけ方

遠距離恋愛歴(片想い期間含めて)8年と5日間。結婚しても遠距離でしたが、2008年4月に、ようやく同居できるようになりました♪        これからはここでは過去の遠距離片思いしていた時期の事を『History』で書き綴っていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
大学1年の夏休みということで、私も暇じゃなかった。

18歳になったらすぐにでもとりたいと思っていた、車の免許をとるために、自動車学校へほぼ毎日通うことになったから。
夏休みの1ヶ月間でとるために、朝一番に自動車学校へ行くことになり、かなりハードな毎日になった。

でも、ひろ君に会いたい気持ちもあって、あれだけ欲しかった免許証なのに、「もうなくてもいいかな……」と、思うくらいのやる気だったけれども、現実的には夏休み中にとらないことにはもうとれないと思って、がんばることにした。

自動車学校が終わってから、部活に出ているひろ君に、時々会うことはあったり、電話で話をすることもあるけれど、やっぱり、電話越しだと時々「迷惑」がっているひろ君の声も聞くことになる。
ただ、普通に楽しい話をできることもある。

……どっちが本当のひろ君なの?

そのうち、ひろ君と話していると、社会の中の出来事や、身近な出来事の事で、意見がかみ合わないこともあって、議論のようになることが出てきた。
普通なら、彼に合わせた方がいいんだろうけれど……自分の考えをそうそう曲げられない私は、一見言い合いのような議論を彼と重ねることもあった。
そうすると、彼と『価値観』が違うのかな……と、感じることも出てきた。

……彼の事を好きなはずなのに、好かれるようなことが、できない私……。

ケンカじゃなく、お互い対等に議論し合える関係は、どちらが先輩とか後輩とか、スキとかそうじゃないとか関係なく、正直に言い合えるから、それはそれで良い関係になれたと思えたけれど、『恋愛関係』になりたかったら、ちょっとそれは違うのかな……なんて思ったり。

そんな中、部活の指導者の方が辞めると言い出し、ひろ君がすごく落ち込んでしまった。

その悩みを聞くこともあって、ひろ君が私に弱音を吐いてくれるってことは、私に気を許してくれてるってことなのかな……と、悩んでいるひろ君は、すごく辛そうで、私もどうにかしてあげたい気持ちでいっぱいだったけれど、逆に嬉しくもあった。

……私はひろ君にとって、ココロを許せる存在になれてるの………?


いろんなことがありながら、自動車学校でも順調に単位を取得し、8月初旬には無事仮免許を取得。

少し余裕が出てきたため、ひろ君に会う口実も兼ねて、彼の受験勉強を見てあげることになった。

家にいるとダラダラしてしまうため、図書館で会おう! ということになったのに、彼は朝寝坊をしたり、財布がどこにいったかわからない……と、なんだかんだで遅刻をすることが多かった。


そして、その日。


その日は、朝の10時にひろ君と図書館で会う約束をしていた。
でも、10時前にひろ君から電話があって、どうも起きたばかりの様子。
それで、11時からに時間を変更。
私は先に図書館に着いたのだけれど……ひろ君は11時20分に到着。

「財布がなかった……」

と、言い訳する彼。

私が会いたかったというのもあるけれど、受験勉強ほとんどしてないから、心配してるのに……こんなんならあきらめちゃうぞ!? と、ちょっと思ってしまった。

少し怒りつつも、ひろ君が到着したため、勉強ができる部屋に移動。

夏休み中だから、小さな図書館だけれど、いつもより少し人も多くて。
机は全部使われていた。
でも、大きな机だから、一人男性が座ってる人がいるところの向かい側の席が空いていたため、そこに二人横に並んで座った。


その時。


目の前に座っている人に、私は釘付けになってしまった。

もしかして………!?

そう思って、目が離せないでいると、相手も私に気がついて、目が合って、少し、手を上げた。



―――元彼だった。


久々の地元。

大学は夏休みに入ったけれど、高校はまだ数日残っていて、妹もいることだし……というのはいい口実で、部活を見に高校へと向かった。

この日は土曜日で、お昼に行くと、部活の前に弓道部の顧問の先生が、ご飯に連れて行ってくれると言って、みんなで食べに行った。

久々に会う、ひろ君。

久しぶりだけれども、私の事を何か気にしているようなそぶりも見せない。
本当に、“普通”……。
多少、他愛のないふざけあいのように、軽く話はしたけれど。

その後、部活もあまりせずに、病院に行くからとさっさと彼は帰ってしまった。

明日の事を聞くと、明日は明日で、友達と遊ぶ約束をしているとの事。
結局、帰ってきても、彼に会える確約ができるわけじゃなかった。


………私が帰ってくること、知ってたはずなのに………。


一番会いたい人に、会いたくて帰ってきたんだよ!?
GWの時は仕方がないと思ったけれど、その時と同じ……。
こんなことなら、私が帰ってきても、何も、意味、ないよ………。

現実は、思っていたよりも厳しいことを、私に痛感させてくれた。

楽しみにしているうちが、花だよね……。

君が、私のこと想ってないこと、わかってる。
十分、わかってるから、つらい。

君は私の事『親友』って言って、大事にしてくれてるつもりかもしれないけれど。
勝手に『親友』とかって、決め付けないで?

私はそんなに“いい人”じゃ、ないから……。


自分の事ばかり考えて、わがままばっかり言ってしまう自分は、まだ、彼の事を“愛してる”わけじゃないんだ。
迷惑かけたくないって想いながらも、電話したり、自分の気持ち押し付けたり……彼に余計な負担をかけてる。

わかってる、はずなのに……。

私の“ココロ”が、わかってくれない。

まだこれは“恋”っていう“感情”って、とっても壊れやすいものでできているから……。

何で好きになっちゃったんだろう?
もうイヤ。
こんな気持ちいらない……って、忘れられたらどんなに楽だろうって、何度思っただろう?
今までしてきた恋も、これほどにまで苦しかったかな?

この恋には、波がありすぎて……。

君が優しい上に、無知すぎる、純粋すぎるから………。

中途半端に、期待してしまう。
どんなにきつい言葉を電話越しに聞いてしまっていても……。

はっきり顔見て振ってもらえればいいのかなぁ?
本当に、君の心の中に、私なんかが微塵も入る隙間もない!!
ってことが、完全にわからないと私、可能性を信じてしまう。

でも、「叶わない」なら“好き”をやめるの?やめられるの?

「叶わなくても」ただ“好き”でいたいの?


2ヶ月ちょっと、一人で、家族と離れて、君と会わずに生活して……。

強くなれたって、思ってたのに、な………。



次の日。

君に会えない。

この日、長い髪をようやく切った。
私の思いも、この髪と同じように、ばっさりと断ち切ることができれば楽になれるのに……。

長い髪が似合う人が好き。

そう、言ってた君。

でも、「今」の私の気持ちじゃ、「今」の君に届くことはありえない。

だから、「未来」の君に、「未来」の私が、私の想いが、君に届くように、したい。


―――ただ、全てがイヤになったり、生きていくことが苦しいくらい、ひろ君の事を好きになってた。
お久しぶりですm(_ _)m

お休みしている間も、来てくださった方、ありがとうございます(*^^*)

コメントもお返事が遅くなってしまってすみません(>_<)


一緒に暮らし始めて、明日で丁度1ヶ月になります♪

GWは、仕事と、ひろの友人と会ったり、お互いの実家へ帰ったり、キッチンボードが届いたので部屋の片づけをようやくできるようになったり……と、あわただしく過ぎていきました(^^)ゞ

いつまでもブログをこのままにしておいてもいけないと思い……ようやく新しいブログを作りました☆


新ブログは……


『遠距離恋愛~のち~晴れ♪』


です(〃ノ∇ノ)

アメブロの方で作ってみました。

まだ仲良くしてくださってる方のブログへのご訪問もできてなくてすみません><

今は仕事の方もごたごたしていて、帰ってきてからPCを開かない日が多くなっています
(・_・、)

また、ペースがつかめてきたらご訪問させていただきますので、その時はよろしくお願いいたしますm(_ _)m


ここのブログも、『二人のHistory』は不定期更新していきますので、これからもよろしくお願いいたします♪


2008年、4月7日。

8年と5日過ごした遠距離恋愛が、終わりました。

遠距離恋愛中……といっても、その中で片想い期間は約1年と2ヶ月。

結婚してからは約11ヶ月。

長かったのかな?

短かったのかな?

一緒に過ごし始めて9日。

まだ、一緒に住んでる実感がわかない(^^;

結婚する時に約2週間一緒にいたから、その時よりまだ短い期間だし。

1ヶ月くらいしたら、実感がわくのかな?


永遠に一緒に暮らせる日が来ないかも……と思ったときもあった。

遠距離恋愛になるって、わかったときは、自分で決めた時だから。

自分で決めたこと、自分がやりたいことをするためだったから。


彼も応援してくれてて、大学へ入学と同時に遠距離恋愛(片想い)。

自分を奮い立たせるために、「夢をあきらめるんだったら、彼もあきらめる」って、自分に言い聞かせながらがんばった。

今の仕事を辞めたら、その時のがんばりも、すべて無駄になってしまうようにも思えて……。

彼の事は、私にとって一番大切なはずなんだけれど、仕事で関わってる方達も、私にとっては大切で。

すべての人を幸せになんてできないけれど、手に届く範囲にある人たちの、心が軽くなるようなお手伝いをしたい。

まだ、子供がいないから、もし自分の子供ができたら、まずはその子の幸せが一番になるんだろうけれど。

でも、せめてそれまでは、自分にできることをしていたい。


そう思って、仕事が辞められなかった。


そして、「10年くらいはムリ」って言われてた、ひろの転勤が四国に決まって。

ほんとに、辞めなくてよかった(;-_-)=3

あと1年くらい待ってもムリそうだったら、子供つくって辞めるか、育休とれるようにしようかな~…なんて考えてたんだけれど(^^;

私の職場からはJRの特急で1時間くらい(待ち時間のロスを入れると約2時間)の距離になって、『遠距離通勤』になっちゃったけれど(ノ_ヾ)

遠距離通勤も始めて2週間ちょっと。

あまった時間をウォーキングにも使えるし、今まで車通勤で運動してなかったし(*ノノ)

慣れてくると、「これもいいかな♪」って思えてきた☆

職場の人もやさしい人が多くて、色々気遣ってくれるし(*^^*)

帰りの時間が夜8時半になっちゃうけれど、もっと長い時間働いている方もいらっしゃるわけだし……。


ただ。

帰るとき。

「ひろと会える~♪」

と思いながら帰れる事が、今は幸せです(〃ノ∇ノ)



ブログでいろんな方と知り合えたことも、遠距離恋愛をしていて、本当によかったと思います。

今までありがとうございましたm(_ _)m

そして、これからもよろしくお願いします☆


ブログ名、どうしようかと思ったのですが、この名前が気に入ってるのと、『History』がまだ完結していないので、ここはそのまま残しておこうと思います(^^)ゞ

そして、『二人暮らし編』として、別のブログを作ろうと思います♪

カテゴリーが多くなってきちゃって、ごちゃごちゃしてるので(^^;

しばらくは引越しの荷物も片付いていないので、バタバタして更新も遅くなると思いますが、新しいブログができたらまたここでお知らせしますので、よろしくお願いします(*^^*)




お久しぶりですm(_ _)m
まだネットにつながってないので携帯からの更新です

今日からひろと二人暮らし

遠距離恋愛の解消





……と、思っていたんだけれど……




まだ、ひろは来ていません


転出届けもらい忘れたり、事故の後遺症でかかってる病院に紹介状もらってなかったりするので、もう一日東京にいることになりました

ひろの引越しの荷物は明日の午後届くんだけれど……。


ひろ自身が来るのは、きっと夕方か夜………


私一人でこっちの事しなくちゃならない