遠距離恋愛のつづけ方

遠距離恋愛歴(片想い期間含めて)8年と5日間。結婚しても遠距離でしたが、2008年4月に、ようやく同居できるようになりました♪        これからはここでは過去の遠距離片思いしていた時期の事を『History』で書き綴っていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
彼の熱は続いて、結局、修学旅行を含めて約2週間、まともに会えてなかった。
電話は時々していたけれど。

風邪を引いてから、約一週間後に熱が下がってきたみたいで。
日曜日、電話をまたかけると、友達が遊びに来ているということで、夜、かけ直してくれた。

私がかけたから、義務的にかけ直してくれているように感じた。
でも、3年は自由登校になった今、もう『学校では会えない』ってことを、すんなり言ってしまう彼。
それが、私には、どうしようもなく悲しく思えてしまう。
こんなにも見返りを求めてしまう“モノ”を、愛なんて、きっと、よべないんだろうな……。


「寂しいと思ってくれる?」


って質問すると、


「さー、どーでしょーねー……」


って、ふざけてなのか、はぐらかしたいのか……。
彼の本心が、わからない。
彼自身にも、わからなかったのかもしれないけれど。

考えてみてよ?
学校でも。
道を歩いていても。
どこにいても、私は、君の周りにはいなくなっちゃうんだよ?
もうすぐ、学校からは確実に卒業しちゃうんだから、“学校”で会うことも、もうすぐなくなっちゃうんだよ?


―――君にとっての、“私”って、何ですか?―――


聞けないけれど、また、聞きたくなってしまうかもしれない。

ただ、本当に、この高校へ来て。
君に会えてよかったと思ってる、君に出逢えたことに、感謝してる。
『運命』とか、ちょっと、信じたくもなる。

まだ先のことは見えないけれど。
少し苦しい『今』のことも、きっと、そのうち笑って懐かしく思えちゃうような日が、いつかくるんだろうね。

電話の中で、月曜日は、修学旅行前に、雪焼けするからって日焼け止めクリームを彼に貸してたから、それを返しに来るって言ってくれた。


でも、月曜日、待ってても彼がなかなか来ない。
夕方の6時過ぎに電話すると、この日も学校を休んでいたとのこと。
実質2週間も会えてないのは、つらかった。

大学、県外の1校だけ出願したことを伝えた。
そうすると、


「A(県名)大に未練はないから」


って話をしたら、


「A(県名)には未練ないでしょう。いってらっしゃーい」


って、また、ふざけた風に言う。


「わかってて言ってんの!?」


つい、語気が荒くなる私。
どうして?
君がいるここに、未練がないわけないじゃない………。

でも彼は、


「さぁーどーでしょーねー……」


って、またしてもはぐらかそうとする。

そうして話しているうちに、


「卒業するのがつらい」


そう、彼に言ってしまっていた。

でも彼は


「今から言っててどーすんですか」

「だって、今が、つらいんだもん」

「6年後は明るいですよ。僕は暗い……どーなるんだろ?」


励ましたいのか、励まされたいのか、どっちなのかわかんないような会話になってた。
最後の方は、ちょっとつらい話になってたけれど、もう40分も話していたからさすがに切らなきゃいけないと思って。
でも、「先輩」って、また呼ばれて、それに彼も気が付いた。


「まだ慣れてないからやっぱりでますねー」


私はなんだか急に彼に名前を呼んでほしくなってきてしまって、


「……名前呼んで?」


と、言ったら


「じゃあ、おやすみ、柳」


そう、優しく言ってくれた。

私も


「おやすみ、ひろ」


って、返した。

次の日は、ようやく、彼に逢える。
早く彼に逢いたい気持ちでいっぱいだった。




スポンサーサイト

ひろさんはこの時柳さんが県外に行ってしまうことに、本当に寂しい気持ちはなかったのでしょうか・・・。

柳さんの気持ちはとても辛いものだったんだろうなと思いました(><)
気持ちがなかなか通じ合えないのって、もどかしくて辛いですよね。
それでも柳さんの好きだという思いがたくさん伝わってきて、切なくなってしまいました(/_;)

2006.08.02 17:01 URL | のぶぶ #jn98atWQ [ 編集 ]

そこまではぐらかされると辛いね(^^;)
でも・・ひろ君の余裕っぷりは、何か計画してたような気もする。
卒業式に告白とか・・・これからどうなるのか楽しみ♪

2006.08.02 21:24 URL | アポ郎♂ #ObQeSGn. [ 編集 ]

ひろさんのはぐらかし、見ていてすごくうずうずします(^_^;)
ひろさんも気づかれてなかったのかもしれないですけど・・・。

好きな人にはやっぱり名前呼んで欲しいですよね!
寂しいって思ってくれる?って聞かれたり、名前呼んで欲しいって素直に言われてた柳さん、かわいいなと思いました(*^_^*)

2006.08.02 22:01 URL | ひよっこゆう #YJu44DRE [ 編集 ]

好きな人と気持ちが通じ合ってないって辛いよね。
特に自分が本気になってるときなんかにそんな風になると
自分だけ一生懸命考える羽目になって正直
疲れてきちゃうからね^^;
ここはひろさんにも真剣になってもらいたい所だなぁ。。。
6年目ならはぐらかさなくても良いのにねぇw^^;

2006.08.03 01:08 URL | こーた #- [ 編集 ]

>のぶぶさん

このときのひろの気持ちは、ほんとにわかりませんでした(^^;
でも、私に対して恋はまだしてないんだろうなぁ……と思いながらも、
優しい時を思い返すと、冷たいときとの差が激しくて、どっちのひろを信じていいのかわかりませんでした(>_<)
離れることが目前となって迫ってる時期のことなので、
この辺りの自分は少しつらいかもしれません(ノ_ヾ)


>アポ郎さん

とっても辛かったですよ~~(>_<。)~
計画……どうでしょう!?
卒業式も、ちょっと普通とは違うことがあったのですけどね♪
それはまたのお楽しみです(*^^*)


>ひよっこゆうさん

はぐらかされてましたが、その時期のひろ自身も、
多分わからなかったんだとは思います(^^;

好きな人に下の名前で呼ばれるの、好きなんです(*ノノ)
彼氏に呼び捨てされるのとか、憧れてたので(笑)
彼に対しては、気持ちをとっても素直に表現してたと思います(ノ_ヾ)


>こーたさん

彼に片思いしてた時期は、結構長かった分、
辛かったことも多かったです(^^;
自分は彼に一生懸命アプローチしてても
彼はとまどいの方が多かったみたいです(─、─。)
なにしろ、恋愛経験0でしたからw
今なら、こうするのに~って、よく言ってます(*ノノ)


2006.08.03 22:21 URL | 柳 #aIcUnOeo [ 編集 ]

彼は自分の気持ちを知られたくなかったのかな?
県外はつらいですよね・・でも離れていたって惹かれあうものなのですよね^^;
今は二人ともラブラブなので正直になれますね♪これからも頑張ってくださいb

2006.08.04 03:32 URL | 蜜 #- [ 編集 ]

>蜜さん

この頃の彼は、まだ私に対する気持ちが、
私が彼に寄せる気持ちほどではなかったのです(ノ_ヾ)
県外に行ってから、どうしてつき合うまで至ったのか……
もうすぐ遠距離片思い編に突入予定なのですが……
遅筆ですみません(>_<)
これからもがんばります♪

2006.08.07 21:49 URL | 柳 #aIcUnOeo [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tareyanagi.blog41.fc2.com/tb.php/168-2556f1bc