遠距離恋愛のつづけ方

遠距離恋愛歴(片想い期間含めて)8年と5日間。結婚しても遠距離でしたが、2008年4月に、ようやく同居できるようになりました♪        これからはここでは過去の遠距離片思いしていた時期の事を『History』で書き綴っていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
試験を前日に控えて。

またしても、放課後、彼が来てくれた。
前日だったし、少しだけ話をしたくらいだけれど。
応援してくれてる……って、思うと、うれしかった。


そして、とうとう当日。

試験1日目。

もう少し勉強しておけば……と後悔しつつも、なんとか終わった。
午前中だけで試験を終えて、家に帰ると、しばらくしてから、彼が来てくれた。

なんだか、もう、彼が来ることが自然なことになってる。

学校が午前中だけだったからと、彼はお昼ご飯をスーパーで買ってきていて、一緒に私の家で食べた。
この日の朝、うちに電話をかけてくれてたみたいだけど、その時私は既に試験会場行きのバスに乗っていた。

そういう、気遣いが、うれしく感じる。

でも。
ご飯を食べた後、また、彼がコタツで寝ようとするから。
私は彼の腕にすこし頭をのせて、胸にうずくまるような格好になる。

それでも、彼は何とも思わないのか、ぐっすり、いびきまでかいて眠ってしまった。

ほんと、無防備だなぁ……。

つき合ってもないのに………。

この日は病院に行く用事もあったけれど、寝てたらもう夕方の4時になってて。
もう終わった頃だろうと迎えに行っていた彼のお母さんは、彼がいなかったので、私の家に電話。

彼にかわると、

「もうバスで帰ってきなさい!!」

って言って、電話を切られたみたいで。

とりあえず、彼は病院に向かって。
診察が終わった後、また、家にきてくれた。

「ずっと寝たままだったし……」

と彼。

それから、彼の方から手を出して握手をしてくれたり。
私の肩をポンポンとたたいて、激励(!?)してくれたり。
頭をなでようとしてくれたり……。

彼なりの、応援を受け取った。

その後、私の母が帰ってきてから、母の車で一緒に送って帰らせた。



センター試験最終日。

とりあえず、終わった。

自己採点をすると、今までの中では一番できたと思うけれど。
どうなるかは……。

私の、進むべき、『路(ミチ)』は?

とりあえず、人間について、考えていきたいって、思ってた。
特に、一番不思議な人の心というものについて。
そうして、子どもにも関われる仕事に就きたいなぁ……って、そういう思いはあった。


この日は日曜日だったから、彼は家には来なかったけれど、夜、電話をくれた。

「どうでしたか?」

彼の優しい声が耳に響く。

気にしてくれてるのかなぁ?
そう思うと、うれしくなる。


でも、ずるいよ。
つき合ってもないのに、ましてや、私のこと『好き』ってわけでもないのに。

私が、君のことを『好き』だから、よく私の家でご飯食べたり、一緒にコタツで寝たり、遊んでくれたり、心配してくれたりするの?

特に、心配してくれるのって、『私だから』っていうの、入ってないのかな!?
それって、『特別』ってことなんじゃないのかな!?

私は、君の『特別』な女の子になれないの……?

県外、きっと、行っちゃうよ?
心配??
どうして???


君のことを考えると。
すごく悲しくなったり、寂しくなったり、うれしくなったり、気分がふわふわすることもある。

ひろ君は、私にやさしすぎるんじゃないかってくらい、やさしいよね?
センター試験一日目に来てくれたとき、私を見る目とか、声とか、すごく、優しく感じられた。

「期待しないで待つ」

って、言ったのは、私。

ただ、君のことが好き。
それだけのことなのに。

それだけのことでも、私は、自分の一生分かけて、君のことが好きなんだ。


もうすぐ私のBirthdayが来る。
きっと、今まで生きてきた中で、一番のものに、なるだろうな……。

そう、思いながら、久しぶりに、ぐっすりと眠りについた。


スポンサーサイト

お、また一番乗り♪久しぶりにHistoryの続きだね♪
柳さんのHistoryは本当に参考になります。
ちゃんと一話完結してるし(笑)
たどってきた道が違うから内容が違うのは当たり前なんだけど
こういう風に書けたらいいな~っていつも楽しみにしてるよ。

早くひろ君が柳さんを好きだと自覚して欲しいけど
それはまだまだ先なんだね(^^)

2006.06.22 09:30 URL | アポ郎♂ #ObQeSGn. [ 編集 ]

リンクの件どうもありがとうございました☆これからもよろしくお願いします(*^^*)

センター試験の時もひろさんはたくさん気遣ってくれたんですね~!やさしさがとても伝わってきます。私はセンター試験のときはさすがにピリピリしてたので、そういうのがあると心の支えになりますよね♪
でも、まだ付き合ってもいないのにひろさんの行動も不思議になっちゃいますよね。「特別」だということには変わりなさそうだけど(^^*

2006.06.22 09:36 URL | のぶぶ #jn98atWQ [ 編集 ]

一緒に寝るのって、それだけひろさんも心を開いてくれてたってことですよね。
優しければ優しいほど、期待して、余計につらくなっちゃう気がします(>_<)

読んでるとすごくじーんとしちゃうのですが、今のお二人を思うとすごくほっとします(*^_^*)
早く、Historyの中でのひろさんが、柳さんへの気持ちを自覚してくださったらいいのですけど・・・(>_<)
大好きな漫画の最新刊を待っているような気分ですw

2006.06.22 14:03 URL | ひよっこゆう #YJu44DRE [ 編集 ]

>アポ郎さん

一番乗りありがとです☆
History…このままのペースだと終わりそうにないですね(^^;
参考にだなんて…私の方こそ、させて頂いてますよ~♪
ほんとは小説みたいに書きたかったんですが、
なにせ昔の日記から引用してる部分が多いので、
その時の気持ちをそのまま書いておきたいな~っていう思いもあって、
あまりまとまりがなくなってます(ノ_ヾ)

彼の自覚は、まだまだ先です……(・_・、)
自分で思い出しても、もどかしい(苦笑)


>のぶぶさん

こちらこそ、ありがとうございます(≧∇≦)/
これからもよろしくです☆

試験前だというのに、よく家にきていた彼……。
まじめに考えると、受験勉強の邪魔だったと思う(苦笑)
うれしいものの、彼がいると勉強できない(したくない)し(^^;
そうそう。まだつき合ってないんですよね~(・_・、)
彼の思わせぶりな態度に、ずいぶん振り回されたものです(;-_-)=3


>ひよっこゆうさん

今、昔の日記を開いて読んでると、こっちが恥ずかしくなってくるくらいです(*ノノ)
彼にも昔のことを言うと、恥ずかしがる(笑)
というか、はぐらかしたがってる(苦笑)

つきあい始めて初めの頃は、なんだか信じられなくて、よく片思いしてた時期のことを思い出して、泣くこともありました(・_・、)

さて、一体いつになったら、ひろは、柳への思いが『恋』なんだと気づくのでしょうか!?

……つづく(笑)

2006.06.23 21:39 URL | 柳 #aIcUnOeo [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tareyanagi.blog41.fc2.com/tb.php/129-dc887b11