遠距離恋愛のつづけ方

遠距離恋愛歴(片想い期間含めて)8年と5日間。結婚しても遠距離でしたが、2008年4月に、ようやく同居できるようになりました♪        これからはここでは過去の遠距離片思いしていた時期の事を『History』で書き綴っていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
告白して、もう1年が経っていた。

12月もあと数日を残すのみ……。

多分、もう今年中には会えないかな~……と思うと、電話をしたくなって、彼に電話をしていた。

この頃は携帯をお互い持ってないから、家の電話に。
もう、彼の家の電話番号は、しっかり覚えてるほどになった。

その中で、彼が私について


「勉強もできて、運動もまぁできる方で、料理もうまくて、字もきれいで、やさしいし、顔も悪い方じゃないですし…。理想だったのかも。これで僕がもし学年1位とかだったら、つき合ってたでしょうね」


そんなことを言う。

じゃあ、私の何がダメなんだろう……。
彼の気持ちが、まだ追いついてないって事なのかなぁ……?

告白して最初の頃は、あまり私のことを知ってもらってなかったから、断る理由もわからずに断ってたみたいだけど。

じゃあ、「今」は?

私に対して、くっついたりしててもイヤな気持ちはないらしいけれど。

彼のこたえは……


「わかりません…」


………。

しかたないか……。

まだ……ね。


でも、つい

「今年はもう会えないのかなぁ…」

って言ってる自分がいた。

そして。
いつ会えるかを考えてくれてる彼……。

少しくらいは、私に『会いたい』って、気持ち、心のどこかにおいてくれてるのかな?


次の日の朝。
彼から電話があって、31日に会えることになった。
ほんとうに、今年最後の日に会える……。


31日。
年の瀬に遊びに行くことを母に咎められながらも、彼の家へ。

当然、大掃除をしてるので、私も手伝っていた。
だいたい、掃除をしていたけれど。
彼と一緒にいられるだけで、うれしかった。

帰りはバスで帰るため、バス停まで彼が送ってくれた。
いつまで経ってもバスがこなかったけれど。
その分、彼と一緒にいられる時間が長くなる……。

バス停のイスに二人並んで座って。
とても寒い日だったから、私の手も冷たくなっていた。
そして
「寒い~」
って言いながら、彼の手を触る…。
でも、彼には
「つめたい~」
って言われて逃げられ気味に……。

そんな風にふざけ合ってたりしてたけれど。
私に対する気持ちについて、ふいに


「友達…って、思ってますけどね」

って、言われた。
けれどもすぐに

「でも、よくわかんない」

って、言う彼。

友達のまま卒業してくれたら、悩むことないのに…とか。
そんなことも言っていた。

どういう意味なのか、わからないけれど。
ちょっとは悩んでくれてるのかな!?


彼を好きになって、約1年。
その間、名前も知らない先輩という存在から、気を許せる友達にはなれたよね?

一度きつい振られ方をしたけれど。
それを乗り越えたからこそ、もっと、彼に近づけた気がする。

反省点は―――相手に期待しすぎない―――ってことかな。


『友達』……。
うん。
わかんないままでも、いいよ。
今しばらくは……ね。

私もきっと、今は、それでいいって、思ってるところがあるのかもしれない。

人の気持ちなんて、変わらないって、言い切れるほど確かなものじゃないから。
前の恋で十分学んだこと……。

もし。
彼が私のことを『友達』としてじゃなく、ちゃんと想ってくれるようになったら……
………どうなるんだろう………。

『つきあう』
って、カタチにしちゃうと、いつか、壊れてしまうトキがくるかもしれない不安でいっぱいになっちゃいそうだから…。

だから。
ひろくんの心の中で、大きな存在として、君の心の中を占めたい。
そういう存在になれるように……なりたいと、思った。


スポンサーサイト

この頃のひろさんは、人を好きになる時の
感情がどういうものなのか、分からなかった
っていうのもあるのかな?なんて
思いました^^

「これで僕がもし学年1位とかだったら、つき合ってたでしょうね」っていう
言葉が気になって・・・
きっと自分に自信があまりなかったのかな?
何で柳さんが自分のことを好きになって
くれたんだろう?っていう感じだった
んでしょうね(*^^*)

2006.05.20 22:50 URL | Honey♪ #- [ 編集 ]

訪問ありがとうございました。
とっても可愛いデザインのブログですね。
ところで・・・彼氏は普段から敬語を使う人なんですか?ちょっと気になったので(笑)
離れててもラブラブって感じがちょっと羨ましいです。ウチはどちらかと言うと"縁側でお茶”です・・(汗)

2006.05.20 22:53 URL | 葵 #WG3/H9bE [ 編集 ]

>Honey♪さん

たぶん、このころの彼は、Honey♪さんの言われてるように、『人を好きになる』ってことがどんなことか、わかってなかったみたいです(^^;

自分にあまり自信もなかったのかな~…('-'*)
最初私に告白されたときは、冷静に見えてたけれど、半パニック状態だったって、後から聞きました(苦笑)


>葵さん

ご訪問&コメントありがとうございます^^
テンプレートは、opus-iさんという方のをお借りしてます♪

この記事は「二人のHistory」というカテゴリーで、過去にあった出来事を書いてあるので、先輩(私)と後輩(彼)という関係にあったため、彼はしばらく敬語みたいな言葉を使ってました(^^)ゞ
最近の会話とか書いてある記事を見てくださったらよくわかると思いますが、今は全然敬語を彼は使ってません('-'*)

縁側でお茶ですか~^^
うちも、けっこう会ったときはまったりしてますよ(*^^*)

2006.05.21 19:17 URL | 柳 #aIcUnOeo [ 編集 ]












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://tareyanagi.blog41.fc2.com/tb.php/104-d246c0df