遠距離恋愛のつづけ方

遠距離恋愛歴(片想い期間含めて)8年と5日間。結婚しても遠距離でしたが、2008年4月に、ようやく同居できるようになりました♪        これからはここでは過去の遠距離片思いしていた時期の事を『History』で書き綴っていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
夏休みも中盤に入り、時々『勉強を見る』というような名目でひろ君と会っていた。

でも、今年は“地元のお祭りに一緒に行く”って、約束もしていて、そのお祭りを毎年楽しみにしていた私は、いつか、好きな人と一緒にそのお祭りでデートすることが、ちょっとした夢だった。

そして、お祭りの日の前日。
その日も、ひろ君が家に来て、最初は真面目に勉強を教えていたんだけれど、帰る前、夕方の5時半頃になって

「明日、親が県外に遊びに行くって言ってて、お祭り、行けなくなりました」

って……。

まさに、天国から地獄に突き落とされた感じ。
感情制御できなくなって、しばらく泣いてしまった。
楽しみにしていた分、ショックが大きかった。

夏休みもあと1ヶ月をきっていて、会える日も限られているのに……。
本気で彼の家族にヤキモチをやいてしまう。
お祭りなら……って、思っていたのに。
やっぱり、寂しい………。

だからというか、

「……“ぎゅっ”って、だめかなぁ?」

と、おねだりしてみる。

「急に言われても……」

と、戸惑う彼。

でも、立っているときに、ちょっと抱きついてみたら、最初はそのままで動かずにいた彼が、ほんの少し、1秒くらいだけ、“ぎゅっ”って、返してくれた。
その時は幸せな気分になれる。

でも、あとで、切なくなる。




………私のこと、好きでもないのに、どうして………?
………どんな気持ちで“ぎゅっ”ってしてくれたの………?







来年は、お祭り、絶対一緒に行こうねって、約束はしてもらった。


あと、夏のイベントと言えば、花火大会。
地元の小さな花火大会があって、それに誘ってみたら、彼のお母さんも一緒に行くことになったけれど、観に行けることになった。
お母さんとは夜待ち合わせで、ひろ君はお昼頃、家に来て、お勉強。
夜、私の妹カップル(彼にとっては同じ高校・部活の後輩)と一緒に、お母さんとも合流して花火が見える堤防に上がった。

ちょっと小さめの花火が多かったけれど、たまに大きな花火が

“ドォーン!!”

と、鳴り響きながら上がって、きれいだった。
隣には、大好きな人もいる。
本当は、花火を見ているときに“手をつなぎたいなぁ……”って思っていたんだけれど、終わってから、みんなの後ろの方を歩いて、こっそり、見えないように少しだけ、手をつないでた。


9月に入って。
ようやく私は携帯電話を買ってもらった。
一人暮らしをしている、女子学生専用のアパートには、備え付けの電話はあるものの、内線番号が必要で、外部からはかけにくくなっていたし、電話代も高く、むしろ携帯の方が料金が分かるし、安くできるだろうということで買ってもらった。
ひろ君はかけてくれるのかなぁ……と思いつつ。


そうして、夏休みに会える、最後の日。
9月に入ってるから、当然、高校生のひろ君は授業がある。
でも、土曜日だったため、お昼から私の家に来てくれることに。

お昼ご飯を一緒に食べた後、私の部屋で、ひろ君にもらってた観葉植物を見せたりしつつ、はたから見るとじゃれあうような感じでベッドの上で遊んでいた。
そのうち、私の言葉をオウム返しするようになったので

「僕、柳のこと好きなんだ」

と、わざと困るようなことを言ってみると

「……この策士めーーー!!」

と、笑ってこそばしてきた。
まぁ、無理だと思ったから、言ったんだけれど……。
かなしいやら、楽しいやら。

お互いをマクラにしあって、寝ようとしたり、色々ふざけていたんだけれど………。

帰る時間が近づいてくると、やっぱり、切なくなって、泣いてしまった。

「“ぎゅーっ”てしていい?」

って言って、返事を待たずに彼に抱きつくと

「……僕はどうしたらいい?」

って言われたので

「“ぎゅーっ”てしてよ」

って、言ってみると、結構、長い間、私は泣いていたけれど、“ぎゅーっ”て、抱き締めてくれていた。
夏ももう終わっていたけれど、彼の体温を感じて、少し、熱かった。


帰りは、私が車で彼の家まで送って行った。
最後に、握手をして、大学受験をがんばってって、エールも送って、すごくさみしかったけど、一人、帰った。


……部屋で一緒に横になってるとき、

『この人のこと、好きなのかなぁ?』

『なんで好きなんだろう?』

とか、考えていたけれど、一番、離れてしまうのが『寂しい』『つらい』と感じてしまうのは、やっぱり、『君』だから。

やっぱり、大好きなんだなぁ……と、改めて思った。



スポンサーサイト
2009.01.19 11:44 | 二人のHistory | トラックバック(-) | コメント(2) |