遠距離恋愛のつづけ方

遠距離恋愛歴(片想い期間含めて)8年と5日間。結婚しても遠距離でしたが、2008年4月に、ようやく同居できるようになりました♪        これからはここでは過去の遠距離片思いしていた時期の事を『History』で書き綴っていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ここに『行ってきます~♪』を書かずに行ってました(〃ノ∇ノ)

東京へ~☆

そして、今日四国へ戻ってきました(^^)ゞ
ただいまです☆
新婚旅行もまだ書き上げてないですが(^^;
ちょっとだけ、東京でのことも書いておきます(*ノノ)


☆7月25日☆


この日は早めに仕事を終えて、お風呂に入って準備をして、バスで駅へ向かった☆
そして夜行バスに揺られて、ひろの元へ♪♪♪

やっぱり夜行バスは眠れない(T_T)

前に乗ったときは大雨だったから、その時よりは少し眠れたけれど。

そのバスは1階が女性専用になってて、しかも他に誰もいなかったから、ちょっと貸し切り状態で色んな体勢をして、寝やすい体勢を考えてました(苦笑)


ひろに会えるんだぁ~……と思うと、長いバスの旅も、辛くない。

でも、こんなに離れてるんだぁ……って思うと、ちょっと切ない。



☆7月26日☆


起きたり眠ったりしているうちに、東京・新宿駅へ到着☆

朝7時半頃、ひろに電話をすると、まだお家にいた♪


「起きたら柳が隣にいると思ってたらいなかったぁ~~(>_<。)~」


……いや、ひろが仕事に行く前にひろの家に着くのは不可能だってば(苦笑)


「柳が今帰ったら、一回帰ってきてくれる?」

「帰らないよ~( ̄ー ̄)」

「むーヾ(*`Д´*)ノ"彡☆じゃぁどうしようかなぁ……」


この日はお昼に成宮くんの舞台を観にいこうと思ってたんだけど、間違って夜の公演のチケットをとってしまったから、一度帰っても、もう一度出直さなくちゃいけなくなる。

JRのフリー切符を高速バスの券とセットになってるものを買ってたから、コインロッカーに荷物を預けるより、一度帰ったほうが安くつく('-'*)

それに、すっぴんのままだったから、顔を洗ってお化粧もしたかった(*ノノ)


「何もすることなかったら、荷物置きに帰ってきたら?」


ということで、一度ひろのお家に帰還☆

思ってたよりは部屋がキレイでほっとした(苦笑)

疲れてたので、ちょっと眠ろうとお布団に横になってたら……。


「ただいまぁ~♪」


ひろが一度家に帰ってきたΣ(〃゜ o ゜〃) !!

帰ってこないって言ってたのに~(〃ノ∇ノ)

忘れ物もあったからみたいなんだけど(苦笑)

でも、久しぶりにぎゅぅ~~~~

っていっぱいして、一安心

その分、眠れなかったんだけど(^^;






スポンサーサイト
昨日、ひろから出かけると電話で聞いてから、連絡がつかない……。

いつもの『おやすみ』も言えないままだったけれど、昔だったら不安で心配で泣いちゃうこともあったけれど、今の私、泣けないな~……って思いながら眠りについた。

心配だけれど、信じてるから。

気持ちが満たされてるから、泣けないのかなぁ……。


まだ連絡がきませんが、電波の届かなかった電話が留守電になってたから、きっと生きてることでしょう('-'*)


なので(!?)新婚旅行、最終日、どうぞ(*^^*)↓




6月7日(前編)♪

北海道最終日ぱんだもびっくり☆ミ


この日はちゃんと朝5時前には起きて、5時半頃には朝市へ向かった☆

最終日の疲れもあるし、起きられないんじゃ……と思ってたけれど、眠たそうにしてるひろを叩き起こして(苦笑)

朝早い分、まだツアー客もいないみたいで、高校時代、夏休みに旅行した時より静かな印象だった。

まずは朝ごはんに海鮮丼を……と、きくよ食堂へ~♪

かなり有名人も来てるみたいで、小さい店内だけれども、たくさんの写真や色紙がはられてたw(゜o゜)w

味は……感動するほど……ってものでもなかったけれど(ノ_ヾ)

時期が悪いのかなぁ……('-'*)

イカは旬な時期だったんだけどいか

ひろは4種類も具をのせてた(^^;
欲張りです(;-_-)=3


海鮮丼☆うに&いくら&いか&鮭



私は3種類のにしてみた♪


海鮮丼☆いくら&ほたて&いか



お腹いっぱいになった後、とりあえず、ひろの実家へのお土産(カニ)と、親戚・お得意様・自分たちへのお土産(メロン♪)を買った☆



ふと、北海道に来て思ったこと。

どこに行っても『まいう~』の人の写真があるのはなぜ!!!???



『まいう~』な人には負けますが(苦笑)

くいしんぼな二人ですが、結構どんぶりの量があって、他にも食べてみたかったけれど、お腹いっぱいに ̄□ ̄

でもひろ、負けません(笑)


「焼いたカニが食べたい!!」


そしてカニが食べられるところを探す!!

……っていっても、食べるのはひろだけですけど(;-_-)=3

だって私。。。。。


カニアレルギーですから・゚・(ノД`)・゚・


まだお土産を買ってないときに言ってくれれば、その辺りの呼び込みしてる所でカニを試食させてくれてたのに……。

もう買った後だから、行けません(ノ_ヾ)

買ったお店で焼き蟹を売ってるところを教えてもらったんだけど、今の時期はやってないって言われてショック(>_<)

ふと、隣の店のおばちゃんにも


「この辺りでカニを食べられる店ありませんか~?」


って聞いてみたら、


「せっかくだから焼いてあげるよ!!」


と、焼いてたお魚もくれたりして、ご親切に蟹を焼いてくれることに!!

もうお土産を買ってしまったと知ってるのに、本当に感謝です(*ノノ)

でも、やっぱり商売だからか、ほっけをかなり勧められました(^^;

代わりに(!?)イカ飯をいくつか買っていきましたが……ほんとうにありがとうございましたはーと

蟹まんも、ひろは食べてました('-'*)

私は食べられないんだけど~~~絵文字名を入力してください


お腹いっぱいーになって、一旦ホテルに戻る。

それから荷物をまとめて、9時にチェックアウト。

駅前のお店で、最終のお土産を買う。

自分の職場用のお土産がまだだったから、買ったら2万円超えてびっくり

お祝いを少しもらってたから、そのお返しもかねてちょっといいお菓子にしてみた☆
(後日、職場に持っていくときがかなり大変だったけど(>_<)


その後、バスに乗って五稜郭へGO~アップロードファイル

後編へ続きます^^




もうすぐしたら、結婚後、初めて東京へ行きます♪

最初は26日の夜、夜行バスで行くつもりだったんだけど、仕事の関係で26日にもお休みできることになって、25日の夜、夜行バスで行くことにバスフンッ2

夏休み期間中は、飛行機の運賃がとっても高くてjumee☆Feel Depressed4

原油高騰のせいもあるのかなぁ……。

なので、片道は高速バスに決定☆

前に一度だけ乗ったことがあるけれど、大雨のせいで全く眠れなかった(>_<)

今回は天気に恵まれるといいんだけど……(ノ_ヾ)

安いバス会社も色々あったけれど、ニュースでこわい事故があったし、管理がずさんなところのことを報道してたのも見たことがあったから、JRバスで行くことに。

安さと命……と思うと、多少の安さはほしいけれど、命の方が大切だよねぇ('-'*)
(でもスカイマークは乗ってたけど……コリラ


昨日はひろに電話しても出なくて、どうやら友達と遊びに行ってたらしく、夜中にようやく電話が来た。

毎週のように嫁をおいて遊びに行くなんて……とても新婚さんとは思えませんソ猝ヨ


……まぁ、遠距離だからできることなんでしょうね(^^;


独身じゃないけど、独身気分!?



あと、この前ようやく結婚報告ハガキを出しました☆

二人の住所が別々になるから、どうしようかと思ってたけれど、結局Wardを使って手作り。

写真屋さんに聞いたら、一枚しか写真を入れられないし、デザイン性が薄いし、自由文を選ぶことになるからちょっと割高になるらしく……(-_-)

でも、送った方々からは、結構評判よかったので、手作りにしてよかったなぁ~と思いました(^^)ゞ


これ☆


印刷時は外側に白い面がないようにしてるんだけど、微調整が難しかった(^^;

ひろと一緒に作成☆
(写真選びと置き方とかは私の方が決めたんだけど^^)

四角いところには、自由に相手に合わせた文を書き込めばいいようにしてる♪

私は職場の人にしか出さなかったから、大体の人は遠距離結婚することを知ってるし、文章はありきたりなことしか書かなかったんだけど('-'*)

ひろに確認したら、一応出したみたいだけれど、まだ出さなきゃいけない人に出してないみたいで……不安です~(>_<。)~

東京に行った時、きちんと確認もしておかなくちゃ絵文字名を入力してください
かなり遅くなってしまいました……。

少しずつ記憶が怪しくなってますが、新婚旅行について書いてないとほんとに忘れそうです('-'*)

では、続きをどうぞ(*^^*)↓




6月6日♪


朝は8時頃起きて、ご飯も食べてたんだけど、ちょっとゆっくりしてるとすぐにチェックアウトの時間がΣ( ̄□ ̄;)

10時前頃チェックアウトをして、函館駅へ向かう二人。

荷物をコインロッカーに入れて、しばし休憩。

今までバタバタしていたのと、旅疲れなのか……これからベイエリアに行きたいと思ってたんだけど、もう時間は11時になっていた。

駅に入る前、人力車があって、「どうですか~!?」って明るいお兄さんに声を掛けられてたんだけど、駅から出るとまだいて、せっかくの新婚旅行だし、ひろが乗りたいと言っていた馬には結局乗らないことになったので、ちょっと奮発して人力車に乗ることにした♪

私は小さい頃に一度だけ乗ったことがあるけれど、ひろは初めてだったみたいで、私も久しぶりでちょっとドキドキしながら乗った(*^^*)

函館駅→海沿いのベイエリア→八幡坂(通称:チャーミー坂♪)

景色のいい場所や観光スポットで写真もとってくれて、話も楽しくて大満足でしたあちな♪

今HP確認したら、なぜかその時の担当してくれた方が載ってないんだけど(>_<)

さかもっちゃん、ありがとう♪

人力車☆えびす屋HP☆

そして、支払いの時、またデジカメを落としそうになるひろ……Σ( ̄□ ̄;)

注意して無事でしたが、気が抜けません(-_-)


その後、元町カトリック教会の前の坂を通って、旧函館公会堂へ☆

公会堂の中にも入って、見学('-'*)

ハイカラさんの衣装に着替える所もあったけれど(観光協会みたいな人に勧められた(^^;別料金なんだけど…)、この日はお土産買ったり、やりたいことがあったのであんまり時間もなかったし(PM1時頃だった)、結婚式でドレスは着たばっかりだったので特別着たいという気持ちも薄れてて、着なかった。

でも、函館の街をバックに、観光協会の人が写真を撮ってくれた♪

そして、その頃外は大雨に………w(゜o゜)w

私の小さな折り畳み傘一つしかもってなくて、少し濡れながら移動。

途中、揚げ芋やソフトクリームを食べる二人

観光協会の人に教えてもらったので、最初通り過ぎた元町カトリック教会の中を見学することに☆

ローマ教皇からの贈り物のすごくキレイな祭壇があるみたいで………。

教会の中は、厳かな雰囲気で、ちょっと圧倒される感じだった。

お寺とか、教会とか、宗教的な建物の中に入ると、ちょっと何かを感じる。
独特の空気というか……神聖な場所だからなのかなぁ……。


その後、チャーミー坂を手を繋いで下りていった♪


手を繋ぎたくなぁ~る♪



チャーミー坂っていう由来は、知ってる方も多いと思いますが、昔、チャーミーグリーンという食器用洗剤のCMでおじいさんとおばあさんが仲良く手を繋いでスキップしてるシーンがあって、そこからきてます^^

そんな風に、年を重ねても仲良くいたいな~って二人で思ってるので、この坂を一度は歩いてみたかった(*^^*)

念願かなって、ちょっと嬉しい二人はーと

坂を下って、お腹も空いてたので行きたかったラッキーピエロへ~♪

函館には、マクドナルドはありません。

函館にはラッキーピエロというおいしいハンバーガー屋さんがあるのでこられないそうです☆

しかも、そこのお店は座席がブランコになってるところもあって、面白かったです゚+.(・∀・)゚+

ひろも私もそこのチャイニーズチキンバーガーがとっても気に入ってしまった絵文字名を入力してくださいBrilliant

チャイニーズチキンは私が頼んで、ひろは他にも二つもハンバーガーを頼んでた(^^;

分けっこしながら食べるんだけど、ひろが頼んだ他のより、自分が頼んだ方が気に入ってるので、そっちばかり食べてて、少しひろが不満そうな顔に……('-'*)

でも、仲良く食べて(笑)その後ははこだて明治館でオルゴールを作ることにはぁと

ガラス細工を好きなものを買ってきて、オルゴールのベースになる箱に飾り付けていく♪

二人で作った、世界にたった一つだけのオルゴールができました(≧∇≦)


二人のオルゴール♪



曲は、結婚式の退場曲で使ったSMAPの『ありがとう』♪

今は東京にいる時は、風船のところに二人の指輪を入れてます(*^^*)


時間はもうPM5時(>_<)

この日はお土産を買おうと思ってたので、まずは金森赤レンガ倉庫へ~☆

一通り見て回ってると、ひろが色々と寄り道……(-_-)

北海道じゃなくても売ってる様なものばかり見てるし(^^;

時間がないのでひっぱって(苦笑)移動。

クリスマススクエアの所で絵葉書を買って、お互いへのクリスマスカードを書いて、隣にある郵便局で切手を買って、クリスマス専用のポストに投函♪

このポストに入れると、クリスマス周辺に届けてくれるらしい(*^^*)


サンタさん届けてね☆



それから函館西波止場へ行って、お土産を買うことに。


前回唐突にHistoryの更新をしましたが、普通の更新ができてませんでした(>_<)

ブログ書こう!!

って思うと仕事が忙しくなるのはなぜだろう。。。

あと、東京行こうとする前は、なぜか忙しくなる。。。。。。

ここには仕事のことはあまり書かないけれど、ちょっと今日はやりがいを感じられるいいことがあったので、できればやっぱり続けたいなぁ……と改めて思った('-'*)

どうして、結婚すると女性ばかりが辞めるように言われるのだろう(>_<)

うちの職場は言われないけれど、ひろの会社のほうは、女性が辞めるのが当たり前みたいだし、なんだかそういう考えはイヤだなぁ……(ノ_ヾ)


ただ、今日TVを見てて、考えさせられたのが、TBSでやってた『水トク!』。


余命一ヶ月の花嫁………。


乳ガンが転移して、余命があと一ヶ月というところで、本人は余命を知らないものの、周りの人たち……父親(その人の母もガンで亡くなっている)、恋人、友人たちがすごくあったかくって。

当の本人も、すごく周りの人たちを思いやっていて。

自分が結婚したばかりだということと、花嫁が24歳という同年代ということもあって、久しぶりにすごく泣きながら見てた。

毎日仕事が終わった後、病院に泊り込んで看病している恋人も、すごいと思った。

ただすごい……っていうと、表現が稚拙な気がして、なんだか表現が難しいんだけど。


離れている今、もし、どちらかが大きな病気や怪我をしたらどうしよう?


という心配はある。

そのカップルのように、仕事が終わってから病院へ駆けつける……ということはできない。

仕事は休むか、辞めるしかなくなる。


その前に。


命の危険があるくらいなら、一緒にいる時間のほうをとるだろうとは思う。


でも……。




あんな出来事があったというのに、二人の関係は相変わらず。
恋人同士でもないのに、毎日のように会っていた。

彼の優しさに、甘えて………。


彼にとっては、部活や病院通い(私の家の近くに学校や病院があったから)のついでのようなものだったかもしれないけれど、それでも彼に会えることは嬉しかった。

家に来てくれてたときには、どうしてもくっついていたくなる。


「彼氏とかいらないから、ひろ君と一緒にいたい……」


そんな風なことまで言ってしまう。
その上、今度は起きているときに


「kissはダメ?」


と、思い切って聞いてみた。
すると少し動揺しつつも、彼は


「何年後だろうねぇ……。彼氏彼女になったらねー。でも、するのかなぁ……想像できない」


そんなことを言う。

ほんとに、何年待てばいいのかなぁ……。
3年か5年くらいは覚悟しなきゃダメ?
大学4年……大学院も行きたいから、6年後………?
そう考えると、気が遠くなった。



県外へと私が飛び立つ前々日の、4月1日。
彼が家に来てくれたので、


「お散歩に行きたい!!」


っておねだりして、近くの山の公園まで歩いて出かけた。
その道のりで、彼の腕の辺りを捕まえていると


「服が伸びる」


って冷たく言われたので


「じゃぁ手繋ぐのは?」


って聞くと


「○○(私の友人)カップルじゃないんだから……」


と、言っていたものの、人通りのないところでは、私が伸ばした手を、繋いで歩いてくれた。


二人でいると、あっという間に時は過ぎていく。

日が傾き始めたので、山を下りる二人。
その途中、少し平らなところがあって、そこで話をしてた。

話してると、不意に寂しくなって、彼を抱きしめた。

彼は、そんな私に少しだけ応えてくれるように、背中に手を回す。

でも……。


「柳のことは、大切な“トモダチ”だと思ってるよ」


その言葉に、ココロが、ズキンと疼いた。

じゃあ、どうして手を繋いだり、抱きしめたりしてくれるの?
私は、ただの『トモダチ』とはそんなことできないよ………。



私は複雑な気持ちを抱えたまま、最後の日を迎えることに。



4月2日。

私は彼を待っていた。

彼は男友達と遊びに行く約束をしてたから、でも、その帰りに必ず私の家に寄ってくれるって約束もしてくれて。
午後5時くらいには来てくれると思ってたけれど、6時半を過ぎてもまだ彼の姿はなく……。
家の2階の窓から外を、ずっと眺めてた。

7時頃、ようやく彼の自転車が窓から見えて。

すぐに1階へ下りると『ピンポーン』とチャイムが鳴った。

事故してないよね?
迷子になってないよね?

そんな心配もしてたから、彼の顔を見た瞬間、少し泣きそうになってしまって、しばらく玄関の前で抱き合ってた。

その時私が玄関のポーチの上にいたため、彼が疲れるみたいだったので下りたら、逆に彼がポーチの上に上がって、私にもたれかかるようにしたりして、ふざけ合ったりもしてた。

でも。

君の事を思い出しても、悲しくならないように、逆に元気になれるように、離れててもがんばる力が沸いてくるように、君の事、しっかり覚えていられるように、強く、抱きしめてた。


抱きしめてるとき、ひろ君は私の家に来る前に、花屋さんで花を買ってきてくれようとしたけれど、時間が遅くて閉まってた事を話してくれた。



―――私にとっては、ひろ君に会えた事が、一番のプレゼントになってるんだよ?―――



色々話してると、ひろ君が急に私の性格分析みたいなことをし始めて、


「好きなことには一途だよね」


って言うから、


「一途に想ってますよー!!」


って言い返したら、


「うけとめられなーい。(想いが)大きすぎてー」


って、笑いながら返された。


そうしているうちに、もう遅いからひろ君は家に帰らなくちゃいけない時間に……。
でも、そのとき、よくわからないんだけれど、涙があふれてきて、止まらなくなってしまった。


「今日は僕にとっても、柳にとっても門出だろ?泣かないでよ……」


止める努力もしてたんだけど、なかなか止まらなかった。

しばらくして、落ち着いてから、お互いの肩に手を置いて


「けっこー忙しくて、忘れちゃったりして……。でも覚えておいてね。私はひろ君のこと好きだから………」


「覚えておきますよ」


そんな約束をした。

それと、もうひとつ、「いい大人になろう」って指きりして。
「お互いがんばろう」って握手もした。


「柳だったらできるよ。夢、絶対叶えてね」



そう言ってくれた。
君に報いたい。
報える自分になりたいから。

もっともっといい『女』をめざしてがんばるために。

君の“友達”じゃなく“恋人”になれるくらいの魅力をつけて帰ってくるよ!!


そんな風に、自分に言い聞かせて、彼を見送った。




そうして、長い長い遠距離恋愛が始まった―――



たれやなぎがここに代表したかった。
そうすると柳と参加した。
そうすると柳でヘアへ用意されたみたい…
そうすると柳でおむすびが挙式すればよかった?


*このエントリは、ブログペットの「たれやなぎ」が書きました。
今日で結婚してから早くも一ヶ月たってしまいました(*ノノ)

生活は何も変わらないけれど……結婚してから気持ち的には落ち着いた気がする♪

詳しく事情を知らない人から『主婦』って言われると、すごく違和感があるけれど(^^;
(何にもしてないし……('-'*))

結婚しても、してなくても、ひろを愛しく思う気持ちは変わりません

7月は会えないかな~って思ってたけれど、最後の週に会える事になった(≧∇≦)♪

夏休み期間中は飛行機がすごく高いから、行きは夜行バスで行くことになるんだけど(>_<)

会えると思えば、9~10時間バスに揺られても我慢できる(!?)



それでは、披露宴後編です☆





控え室で急いでお色直しをしてるとすぐにスタッフのお迎えがw(゜o゜)w


それから会場に戻って、「倖田來未」の「恋のつぼみ」で再入場☆

ピンクのドレスだから、明るい感じにしたかった♪

入場とともに、テーブルフォト(※ゲストのテーブルを回って、それぞれのテーブルごとで写真を一緒に撮る)をしながらそれぞれのテーブルを回った。
(BGM:「ドリカム/うれしい!楽しい!大好き!」「大塚愛/SMILY」「I wish/明日への扉(これは時間がここまでこなくて使わなかったけど予備に入れておいた)」)


ここでハプニングが。


ひろの妹がいないΣ( ̄□ ̄;)


……いないまま撮るのはちょっと……だったので、他のテーブルを先にまわることになった。

楽しく写真を撮って、次はドレスの色当てクイズの当選者抽選会

お色直しまでにみんなが「ピンク・オレンジ・水色」の中から1つ選んで、自分の名札をその色の箱に入れてくれるようにしていて、その当たりのピンクの箱の中から一人だけの名札をひろが取り出す☆
(BGM:「SOS+TRG/ALL FOR LOVE」←いとこからプレゼントされたCDの曲♪)

当たったのはひろの同僚だった

駄菓子セット約3500円分(結構大量)を私からプレゼント

中には子供用のお菓子と大人用のおつまみになりそうな物を選んで入れていて、その上懐かしのおもちゃも入れておいた(^^)ゞ
(ルービックキューブとかプラスチックの飛行機とか(笑)


その後、ひろの妹も帰ってきたので、残っていたテーブルのゲストと一緒に写真を撮った♪
(BGM:「Mr.Children/抱きしめたい」←ほんとはキャンドルサービスの予備用)


その後はしばしの間歓談。


ご飯を食べようと思ったけれど、みんなが来てくれて、写真を一緒にまた沢山撮ってて食べられず(>_<)


ウェディングケーキがマジパン付で私たちのテーブルにあったので、それを食べようと一口分切って、食べようとしたその時……


「キャンドルサービスに行きます」


という、スタッフの無情な声が……∑( ̄□ ̄;)

結局、ケーキは私もひろも一口も食べられないまま、キャンドルサービスへ~落ち込み


普通は入り口からするんだろうけれど、私たちはテーブルフォトをお色直し後にしたかったので、高砂からスタートして各テーブルを回ることにキャンドル
(BGM:「Aqua Times/千の夜をこえて」「レミオロメン/太陽の下」)


そして、いよいよメインキャンドル点火アップロードファイル


そのとたん、シャボン玉も一緒に飛んできた(≧∇≦)絵文字名を入力してください

会場がサービスしてくれてたみたいで、ちょっとうれしかった♪


キャンドルサービスが終わると、いよいよクライマックスへ………。



親族紹介が終わった後、控え室に戻って、髪型を変える☆

最初はベールにティアラをつけてたんだけど、披露宴ではベールをつけないで、カチューシャのようなパールのついた髪飾りと、生花を頭につけたローズ2



それからスタッフに呼ばれるまで待って、披露宴会場へ。


入場前に、何枚かカメラマンに写真を撮ってもらう

そして、私が作ってたプロフィールDVD(曲は「柴咲コウ」の「ひと恋めぐり」)が会場に流れる音が聞こえてきた。

入場前にプロフィールを流して、その後すぐに入場する予定になっていて。

DVDが終わった後、スタッフの声かけで扉が開き、「エルトン・ジョン」の「Your song」で入場。


拍手に包まれながら、入場。

自然と笑顔になるのがわかる。

スタッフがお辞儀をする場所とか、進む道とか指示してくれるからわかりやすかった♪

高砂に着いて、私たち二人の紹介を司会者にされる。

その後、ひろの上司による主賓祝辞。

次に、私の大学時代の友人による祝辞(BGM:オルゴールの「三日月」)と、ひろの大学時代の友人による祝辞(BGM:オルゴールの「タイヨウのうた」)。

友人は恥ずかしいというので、座席の場所から祝辞をいってもらった(*^^*)

私の友人の祝辞では、手紙を読むという形でしてくれて、涙ぐみながら言ってくれたものだから、最初からみんな(私もだけど)涙腺が……

多分、私たちの結婚式の中での一番の感動ポイントだったと思う(苦笑)

ひろの友人の祝辞では、女性(私も面識がある)がしたのだけれど、すごく話が上手くて、みんなプロかと思うくらい(笑)

その後、祝電が披露され、私の上司が音頭をとって、乾杯KIRA KIRA

最初は余裕があって、少し料理をひろと二人で食べさし合いあはーと3つ

いきなりラブラブっぷりを発揮(*ノノ)

でも、少し食べただけで、ゲストの方々が私たちの所に来てくれて、写真を撮りまくる☆

二人ともお酒は強くないので、司会者にそのことをアナウンスしてもらった(^^;

そうすると、ほとんど飲まずにいられた☆

ひろも会社関係の人や、うちの伯父が飲ませてたけど、そのくらいで思ったほど酔わなくてよかった(;-_-)=3

酔うと寝ちゃうから(ノ_ヾ)


しばらくしてウェディングケーキ入刀ホールケーキ
(BGM:「mihimaruGT」の「かけがえのない詩」)

打ち合わせの時、「二人とも弓道部だったので、弓道の的みたいなものをケーキのモチーフにできないか」って話をしていたんだけれど。

その後、何も言われなかったので、無理かなぁ……って思ってたら……。


朝8時までに会場入りしないといけなくて、6時前には起床。

会場には美容師さんが先に着いていて、控え室に入るとすぐにヘアメイクをすることに。

前撮りでは義母の知り合いの美容師さんに頼んでたので(おばあちゃん先生だった)、自分でメイクをしてたけれど、比べ物にならないくらい、すっごく丁寧にメイクをされて、キレイにしてくれた


結婚式マジックです(笑)

自分がキレイに見えます(笑)


途中、ひろも入ってきて、会場が用意してくれたちっちゃなおむすびを二人で食べたり、写真を撮って、挙式のリハーサルへ♪


挙式会場へ向かうと、もう立会人代表の友人が来てくれてて、リハーサルをしてた。

私たちも、説明されながら一通りリハーサル。

一般的な人前式と違って、披露宴会場ではなく、挙式会場を別に構えてもらって、一人ひとりに参加してもらえるように、参加者みんながキャンドルを持ってする『キャンドルライトウェディング』という形の挙式。


リハーサルが終わると、挙式に参加する人たちに見つからないように控え室に戻る。

時間が少しあったから、私の友人も控え室に招いた☆

でも、そうすると……お色直しのドレスがその友人にバレてしまった(>_<)


「ないしょね」


と、口止め(苦笑)して、先に友人が戻り、その後スタッフに呼ばれて挙式会場へひろと一緒に向かった。

入り口前で、カメラマンさんに写真をとってもらって、入場を待つ。

スタッフに声をかけられて、入場。 

バージンロードは一応あるんだけど、父とではなく、ひろと一緒に入場。
(昔から父と腕組むなんてイヤだと思ってたから(苦笑))

式場内は、キャンドルのライトが幻想的にきらめいていた。

私はベールをかぶってたから、本当にキャンドルのライトしか見えなくて、来てくれてるゲストの顔はまったくわからなかった(^^;

その中をゆっくり歩いて、会場内では何度かすそを踏んじゃったりしてたけれど、式では踏まずに歩けた。

みんなの間を通り抜けるようにして式場の祭壇前へ。

私たち二人がみんなのほうを向いてる形。

ちょうど教師が教壇の前に立ってるような感じ。

立会人代表の友人が火のついていないキャンドルを持って、司会者さんの言葉でバージンロードを照らすように並べられたキャンドルから火を灯し、ひろと私のところへもってきて、両側のキャンドルに灯を移す。

その灯を私たち二人が、真ん中にある大きなキャンドルに一緒に火を灯して、その灯から友人二人がまた灯を受け取って、列席者の端に座っている人(父)に灯を移して、キャンドルリレーをしてもらう。

親戚と友人合わせて総勢60人くらいが参加してくれて、灯が会場全体にいきわたると、二人で結婚誓約書を読み上げて、指輪の交換を。


そのとき。


私は気がついてしまった。