FC2ブログ

遠距離恋愛のつづけ方

遠距離恋愛歴(片想い期間含めて)8年と5日間。結婚しても遠距離でしたが、2008年4月に、ようやく同居できるようになりました♪        これからはここでは過去の遠距離片思いしていた時期の事を『History』で書き綴っていきたいと思います。

ノートルダム寺院



☆6/2(金)☆

この日のことは、その日に書いてたので、その続きを…♪


夜の8時になっても9時になっても帰ってこず……まぁ、今日中に帰ってきてくれるといいなぁくらいに思ってたから、そんなに落ち込むことはなかったけれど。

それに、「クロサギ」があったので、見たかったから丁度よかったのかも(*ノノ)

TVが終わった頃、彼から

「今から10分くらいで帰るよ~」

と電話が

それからすぐに彼が帰ってきた(*^^*)
玄関を開けると、すぐにHug

その後、夕食に作ってたミネストローネをあたためてると、何かがおかしい……。


お焦げが浮いてきてる……Σ( ̄□ ̄;)


お鍋が深くって、量も多く、以前他の料理で彼が焦がしていたこともあってか、焦げやすくなってたみたい(ノ_ヾ)

でも、私はそれを信じてなくって(苦笑)

「このお鍋で大丈夫!!」

って、何故か言い張り('-'*)……
半ば強制的に、彼が少し深みのある広いお鍋に移した。

元のお鍋の底の方は、見事に焦げてました・゚・(ノД`)・゚・

人の家の調理器具は、使い勝手がわからないしねっ

はい。
一つ勉強になりました

味の方は、やっぱりちょっと、お昼に作ったときと味が変わってました(^^;
焦げ臭い……σ(゜・゜;)・・・

でも、以前彼がカレーをものすごく焦がしたらしく、それよりはマシで、味もまずくはなくって食べられる範囲内だったので、よかった

「前焦がしてたし、焦げた匂いを気にしないで食べる方法は心得てるから!!おいしいよ☆」

って、彼は言ってくれました(・_・、)
料理の失敗って、今までほとんどなかっただけに、ちょっとショックだったけど、やさしい彼でよかった

「よし!今度6月末にまた来るし、リベンジする~~~!!!」

って、気合いを入れた



☆6/3(土)☆

彼のお仕事がお休みで、一日中一緒にいられる日

夜はディナーを食べに行くって事で、前日に彼は本屋さんでレストランの情報が載ってる雑誌を買って、予約をしてくれてた♪

朝はゆっくりしてて、起きたのはお昼頃……。

ご飯はブランチに~(^^;

昨日の残りのスープを彼は平らげてしまった
少し作るときの量は減らしていたけれど、6~8食分くらいはあったのに、2回の食事を二人でして平らげるって……


出かける準備をしてから、彼は腰が痛むため、3時に接骨院の予約をしてたから、それについて行って、1時間くらいそこでマンガを読みながら待ってた。
毎週通ってるみたい……事故のせいもあるのかなぁ……と思うと、ちょっと心配(詳しくはHistory15をどうぞ)。


彼の車で行ってたため、一旦家に帰って、彼もちょっとおしゃれに着替えて行くことにした。

でも、前に一緒に選んで買った、綿のシャツが、洗濯機で洗ってそのまま干してたので、しわくちゃ……。

それが気になる私

前に、電話でしわくちゃになってるってことは聞いてて、クリーニングに出すか、アイロン買って(彼は持ってないから)、ちゃんとかけるようにって言ってたのに……。

着たい当日まで放置してどうする!!!ヾ(*`Д´*)ノ"彡☆

「前からアイロン買ってって、言ってたのに~~

「じゃあ、今から買いに行くよ」

でも、もう5時過ぎ。

ディナーの予約は7時過ぎ。彼の家から1時間近くかかる。

それに、私と会うまで何の対策もしなかった彼が、どうしようもなくて、何を言っても遅いと思いつつも、アイロンを買いに行く、行かないで押し問答をしてしまう。

シワは気になるんだけど、わざわざ今から買いに行く気分に切り替えられない……。

「もういいよ!!」

って、言う私。ディナーもやめようかとも思って言ったけれど、あきらめきれず……彼の服を見てため息をついてしまう。

そして、彼は

「やっぱり気にしてるじゃない!!買いに行く!!!」

って、外に行こうとする。

「柳はどうするの?待ってる?」

とりあえず、ついて行くことに……。

時間はもう5時半になろうとしていた。
買い物に行って、帰ってくるのに30分はかかるし、その後アイロンがけとかしてたら6時の電車には間に合わないだろう……。

もう、仕方ないかなぁ……って、気分だった。

さっさとアイロンの売ってそうなお店に入ったものの、1000円程度の安いものでよかったのに、8000円くらいのアイロンしかなくって、

「悩んでる暇はないし」

って、彼はさっと取って、アイロン台とともにレジの元へ。
私はやっぱりもったいないなぁ…って気分がぬぐえなかったんだけれど(^^;

今まで、アイロンは二人で暮らし始めたら2台になるし…と思って買えなかったと言う彼。

でも、結局高いの買う羽目になっちゃったじゃない(;-_-)=3

速攻家に帰って、アイロンかけて、着替えて、電車でお店のある銀座へ向かう


「7時過ぎ」に予約をしてたお店には、なんとか7時半前には着くことができた

ここには二人で隣り合わせに座れて、カーテンがかけられてるカップル席があるんだけれど、予約が遅かったためとれなかったから、今度はそこに座りたいなぁ…って思った(*^^*)

すぐ近くにカップル席が見えて、ちょっとうらやましかった(*ノノ)

お料理もよかったし、ゆっくりおしゃべりを楽しむお店って感じでした☆


帰りに東京タワーを見に行こうかとか話してたけれど、もう展望台に上れる時間ではなかったし、今度でいいよって言って、街を少しだけ歩いてから帰った。

帰り道の会話。

「丸5年になるんだね~」

「6年だよ~~」

「6年目だけど、丁度5年たったところだってば」

「6ねん~~~o(≧o≦)o

どうも、彼は私とつきあい始めた年月を、もっと長く言いたいらしい(^^;

「……好きになってからだと、私はひろより2年半多いもんね~」

「Σ( ̄□ ̄;)……でも、つきあい始めた頃、小学校入学した子が、もう高学年になってるんだよね~…」

そう考えると、5年って、長いんだなぁ……。


帰ってからも話してたけど……。
彼が、私のことを好きだって、ちゃんと気づいたのはいつなのか。

ちょっとごまかしてたけど、やっぱり思ってたとおりだった☆

詳しくは、いつか、二人のHistoryにて書く予定です(ノ_ヾ)


そんなこんなで、ハプニングもありながら、無事(!?)5周年記念日を終えました☆


☆ブログランキング参加中です☆
応援よろしくお願いします(*^^*)


スポンサーサイト