遠距離恋愛のつづけ方

遠距離恋愛歴(片想い期間含めて)8年と5日間。結婚しても遠距離でしたが、2008年4月に、ようやく同居できるようになりました♪        これからはここでは過去の遠距離片思いしていた時期の事を『History』で書き綴っていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
彼からのプレゼント



高校3年の夏以降、ちょっと彼を避けてみることにした。
このままだと、彼の視野には入れない。
…もし入ってたとしても

「ただの先輩の一人」

としか見てもらえないと思った。


でも、秋のイベントといえば、体育祭。

……同じ弓道部だったため、同じ係で準備をするためにどうしても彼と会ってしまう……

彼は私がちょっと避けてることを悟ってか、かえって話しかけてくる……。
こっちは必死で用事以外は話しかけないようにってがんばってるのに!!!

いつもは、すごく勇気を振り絞って、彼に一言でも話しかけようとしてたのに、このときは、なんとかして話しかけないように……ってがんばってた。

もちろん、ほんとはすごく、彼と話がしたかった。


「あきらめて」


そこまで言われたけれど、私の気持ちは私のもので、そう簡単にあきらめられるくらいなら、最初から好きになんてならないよ………。


……そして、ついに私も、彼をふりきることができなくて、普通に会話をしてもいいかなって、意地張るのをやめた。


そうだ。

彼が私のことを「女として」好きにならなくても、私は、彼を「男として」好きって気持ちもあるけれど、その前に「人間として」彼のことが好きなんだ。
だから、彼にも、私のことを「一人の人間として」好きになってもらえるように努力しよう。
たとえ彼女になれなくても、彼のそばにいて、「親友」って言ってもらえるくらいの存在になればいいんだ……。


ちょっとだけ、気持ちが晴れた気がした。

でもそれは、私の中の恋心を心の奥底に押しやっただけで、消えたわけではなかったのだけれど………


スポンサーサイト
めざまし


この前元彼が出てきたかと思ったら、今日は彼(ひろ)が夢の中に出てきた!!
 
何かのイベントなのか、いろんな人がいっぱいいて、その中でひろに

「別れるわけじゃないけど、こういう関係やめとこう」
 
みたいな、わけわかんないことを言われて、すごくショックを受けてたら、他の女の子がひろにアプローチしてきてて、でもそれをひろは断ってた。


両想いになるまでは、すごく冷たいときもあったから、そんな昔のひろと重なって、すごく怖くなった。

目が少し覚めて、ぼーっとしてる中でも、

「さっきのは夢だよね?確か、寝る前に『おやすみ、あいしてるよ』って言い合ったから大丈夫だよね???」

って、ちょっと不安になった。

 
土曜日の夜はお仕事で遅くなるって言ってたけど、全くメールもこないし、AM2:30頃何度電話をかけてもつながらないしですごく心配してたこともあるのかなぁ…。
その後私は寝ちゃってて、AM6:00くらいに彼からやっと電話がかかってきた。
 
最近、私の第一声が

「ひろのばか~・゚・(ノД`)・゚・」

になってます(苦笑

かけてもかけても電話がつながらないことが多いので(^^;

仕事が終わって、飲み会をしてたみたい。
仕事をしてる男の集まりで気になることといえば、風俗とかに先輩から誘われちゃったりしないかとか……。
前にちょこっと先輩とか同僚から
「行かないのか?」
とかきかれたりしてたみたいだけど、すっぱり断ったみたい(;-_-)=3

今回の飲み会では、みんな彼女一筋ってことがわかってきたみたいで(笑

「おまえは彼女だけだよな!」

って言われたみたい(*ノノ)
 
 
そんなことを電話で話してて、その後また眠ってからの夢だったから、ちょっと自分もぼーっとしててわけわかんなかった。。。

元彼が夢の中に出てきた。

なんでだろう…。
けっこう、彼と会ってから幸せなときって、元彼とか好きな俳優さん(成宮寛貴くんすき)が出てきてるような…

元彼っていっても、中学時代だから、かれこれもう10年前になるんだけどね(^^;

その彼と、高校みたいな学校内で、仲良く話をしていた。

……こうやって、また話せるようになったんだなぁ……

と思いつつ、ひろのことを思い出して、元彼と話しててもいいのかなぁ…って思ってた。


私が今まで本気ですきになった人は3人、つき合った人は2人。
1人目は小学校1年の時から6年までずっと好きで、でも告白できずに中1の時もまだ好きだったけど、何もなく終わった。

2人目は、中1の時から同じクラスだったけど、話したことがほとんどないまま中2で初めて同じ班になって、席が近くて一番よく話せる男子だった。
仲のいい友達だったけれど、私が好きになって、告白後、5日後に彼から改めて告白された。

初めての彼氏だった。

でも、野球部でその後キャプテンにもなった彼とは、家が学校からお互い逆方向ってこともあって、中学で定番だった「一緒に登下校」は全くできず…休みの日は野球部の「練習」で、デートもできない。
唯一、恋人らしいことといえば、夜、電話で話すことだけだった。
そして、つき合ってる子ってまだ中学では少数派だったから、友達に冷やかされて、前はすごくよく一緒にクラスで話してたのに、彼が恥ずかしがるようになって、逆に話せなくなってしまった。

中3になって、クラスが離れてしまって大泣きしたし。
そのころから、

「さみしい」

とか

「デートしたい」

とかよく言うようになってしまって、電話でもよく泣くようになってしまった。

きっと、そんなところがダメだったんだとおもうけど、つきあい始めて1年と約1ヶ月後、彼にいつものようにかけた電話で、ふられた。
同じ塾に通うようにもなって、志望校も別々で、私の方が塾での順位高かったことも、彼のコンプレックスを刺激しちゃったみたいだった。

初めて好きな人から「好き」って言われて、ほんとうに、雲の上を歩いているような、ふわふわするようなきもちを、初めてくれた人だった。
でも、それは最初の1日だけで、後はデートらしいものを1度しかできないまま、終わってしまった(しかもダブルデートだった)。

どっちかっていうと、今の彼、ひろに片想いしてたときの方が「つき合ってる」って感じがあって、すごく変な気分になった。

「つき合ってる」
って、どういうことをいうの?

両思いなのに、デートも、学校で話もしない。
片想いなのに、デートも、学校でおしゃべりもする。


ひろに片想いしてる時、ひろが受験生の時、勉強をみてあげるってことを口実に(?)図書館へ一緒に行ったとき、偶然、元彼が、いた。

会わなくなって3年以上経つのに、すごく、自分の心臓がドキドキしてるのがわかった。
たぶん、今でも会ったらドキドキするんだろうな…。

本気で人を好きになると、その人を「好き」って気持ちは、私の中から消えない。
ただ、次にもっと好きな人ができると、もっと好きな人が前に好きだった人の上に、地層のように重なって、覆い被さっていく。
そんなイメージがある。
だから、失恋をしたら、前の人よりもっと好きになれる人が現れないと、恋ができない。
失恋するたびに、難しくなっちゃいます(^^;

今は、「ひろのことが好き」って気持ちが安定してるから、冷静に「あの人今どうしてるのかな~…」って、思うことはある。



そのくらい、許されるよね?

19日。
彼と一日中一緒にいられる最終日…。
昨日の夜遅かったので、朝は何度か起こそうとお布団の中で声をかけてたんだけど、彼は返事はするもののなかなか起きない…(-_-)Zzz…
そのうち私もまた寝ちゃって、結局お昼頃起きて、ブランチに。

夜ご飯の買い出しと、昨日出してたクリーニングができあがってるからって、彼が近くのスーパーに出かけた。
…私もついていこうと思ってたんだけど、着替えもメイクもし出すと1時間はかかるから、結局お留守番に(‘-‘*)
一緒にいられる時間が短くなるのに、何となく平気になってるのかなぁ?!


↓趣味とおばかな出来事…
久しぶりの焼肉~♪


18日は、ROオフ会♪
以前集まって知り合いになった5人+1人☆
初めて女の子が私以外にも!!!
ちょっとおしゃれとお化粧に気合いが入ります(笑

なんとなく、彼と二人っきりでいるときよりも、彼と一緒に他の友達と会う時の方が気合いが入るのはなぜだろう。。。

彼に、

「素顔見慣れてるせいか、なんか白いよ(笑)」

って言われちゃったΣ( ̄□ ̄;)



ρ(。 。、 ) イイモンイイモン


↓オフ会の内容♪
また普通の日常にもどってしまった。

彼に会ってるときは、まったく「久しぶり」って感じはしなくて、ごくごく普通に今までずっと一緒にいたみたいに過ごせる。

17日は、あれから彼が 食べてみたいって言ってた「ビーフストロガノフ」を初めて作ってみた♪

「昔『YAWARA』で見て、なんだろうってずっと気になってたから」

らしい(;-_-)=3
私も気になってたけど、「ビーフシチュウ」とか「ハヤシライス」みたいなものかな?ってくらいしか思ってなかった。
似てるけど、サワークリームが入ってるとこが違うみたい(^^;
レシピと材料さえあれば大体のものは作れるんだけど、そんなものを注文されると思ってもみなかったので、ネットで検索!!
おいしそうなのがあったので、ちょっと拝借♪
材料がわかったので、一駅となりの街にお買い物~♪

材料全部あるかどうか心配だったけど、全部見つかってよかったよかった(^-^)
そして、一応振り替えバレンタインデイってことなので、ちょっとプレゼントも考えて、社会人になってから初めてネクタイをプレゼントすることに☆
前から欲しいとも言ってたし(*^^*)
(…実はちょっと安売りしてたってのも選ぶ時の基準になってたり(苦笑

家に帰ってから、さっそくお菓子作り開始!!!
バレンタインが終わるとなくなるので、クーベルチュールチョコを四国から持参(^^)ゞ
削って、まぜて、焼いて…
 

チョコプリンのできあがり~♪


焼いてる途中から、ビーフストロガノフにも取りかかる。
まず、お肉(牛肉)高かった…orz
こんなの、一人じゃ絶対買わないよ・゚・(ノД`)・゚・
いや、買えない…。。。
切り落としのモモ肉なのに、100g380円って何!?
それが、300gもいるし…(・_・、)
でも今日は振り替えバレンタインデイ!!ちょっとふんぱつしました!!!
(しかし買ったお肉は15%引きのシールが張ってたり(^^;

ブランデーって書いてたところは、小さいのが売ってなかったので、ワインで代用(他のレシピではワイン使ってる人もいたので)☆

ついでにバターライスも作って、目玉焼きのせて完成~♪

初めてのビーフストロガノフ



バターライスが炊ける前に彼が帰って来ちゃったので、間に合わなかったんだけど(^^;
自分が言ってた「ビーフストロガノフ」があって、とっても喜んでくれたので、とりあえずよかった(≧∇≦)
選んだネクタイも、気に入ってくれたみたい(*^^*)
チョコプリンも、おいしくできてて、大食漢(!?)の彼を満足させられることができて、私自身も満足な17日でした☆ミ


18日のは分けて書きます('-'*)


ランキング参加中♪


昨日の夜11時過ぎにようやく彼の元へ…。


飛行機の中ではとっても眠たくて、時々「がくっ」となって窓に頭をぶつけたりしてましたが、無事東京に着きました♪
夜遅い電車の中では、立ち乗りの人も多くて、座席はギュウギュウ詰め状態。
男の人が多くて(きっと仕事帰りなんだろうけど)、乗車者の95%くらいは男の人。
都会だから人多いし仕方ないけれど、やっぱり知らない男の人が両隣にいる状況ってきつい…。
夜遅いのも不安。
特に隣の男の人がお酒飲んでたりしてるとなんか怖い。

彼は仕事で帰りが遅いし、遠いから迎えに来てもらう場所は彼の家から一番近い駅だけど、とりあえずそこまで座れてたから、ましなほうかな(^^;
 
羽田空港から彼の家まで1時間以上もかかってしまう…。
仕事を終えてすぐに空港へ向かってから5時間以上経ってようやく着いた~♪
 
駅から出てくると、彼が傘を持って待っててくれた(*ノノ)
 
車で彼の家まで帰って、ようやく「ぎゅっ」て、今一緒にいるんだってことを確かめあった。
 
どうも昨日の夜は、彼と電話して切った後(AM2:00くらい)、なぜか彼は眠れなかったみたい(遠足を楽しみにしてる前日の小学生みたいに(笑)

今は仕事で彼はいないから、夜帰ってきたときに間に合うようにご飯と、少し遅いバレンタインチョコを作っておこうかな(*^^*)
バレンタインです!!(ちょっとおそいですが…(^^;
毎年バレンタインには、手作りチョコのお菓子をあげてるのですが、今年は少し遅れて会うことになるので、その前にネットゲーム上であげようと、2/14の夜に待ち合わせをしてた。

もちろん、ゲーム内で。
夜11時に約束してたのに彼が来ない…。
前日の電話で、仕事場の先輩に呼ばれてるからと言ってたから遅くなりそうだなぁ…とは思ってたんだけど、電話もつながらない(・_・、)

かけてもかけてもつながらない…。


そして、ちょっと鳴らしながら電話を放置('-'*)



その後、彼からようやく、電話がかかってきた☆
その第一声。

「ごめんね」

特に仕事ってわかってたから怒ってなかったんだけど、何故か平謝り姿勢な彼。
よくよく聞いてみると、私が電話を放置してる間に一度とって、ひたすら謝ってたのに私の返事がまったくないから怒ってると思ってたみたい
Σ(〃゜ o ゜〃) ハッ!!

私が怒ってないことがわかると、すごく安心してた(苦笑
私が怒ったときって大体黙り込んじゃうことが多いから、むりないかな(^^;

その後、ちゃんとゲームにログインして、チョコをあげました☆ミ


手作りちょこ



…結局15日になっちゃったけど、無事あげられてよかった(*^^*)
食べるとハートが出ますが、名前入りのは一つしか用意してなかったので、食べる用の名前が付いてない手作りチョコを食べさせたけど、きれいにSSとれなかったな~(ノ_ヾ)
羽がついたハートが出てきてかわいかった♪


たべるとハートが!!



16日夜に彼の家へ。
17日、彼が帰ってくる前にチョコのお菓子を作る予定♪
いまだに何をつくるのか悩んでるけど、おいしくできるといいな~(*ノノ)

羽田空港知ってる人は知っている…


ブログランキングに登録。
FC2のだけだけど。
ちょっと共感できたら押してくれるとうれしいです(*^^*)


 
 
誰かとつながりを持っておきたいのかもしれない。
彼氏とのこと、気軽に話せる彼氏持ちの友達が近くにいないってのもあるけど、ブログ書いてみて、他にもたくさん遠距離恋愛がんばってる人たちがいるってことに、間接的に励まされてる。

特に海外の人と遠恋してる人ってすごいなぁって思う。
自分だったら、どうなるんだろう??
1年くらいは我慢できるとおもうんだけど…
1年に1度くらいしか逢えないのなら、周りのことはすべておいて彼の所に行っちゃうかも…
('-'*)
LOVE


彼に会いに東京へ行きます♪
木曜日夜~行って、月曜日に戻る予定。
今日お仕事して、金曜日はその代休だから、少し疲れるけど、彼にもうすぐ会えると思ったら、多分大丈夫。
がんばれる('-'*)☆

金曜か土曜あたりに、ROのお友達とオフ会をする予定でもある♪

神戸南京町のマスコット


彼のことは、高校2年の時に恋してから、ずっと変わらず好きって思ってる。
…今は「好き」とかいうより「愛」になってる…そういうと、なんかちょっと(?)くさいけど。
電話の最後には、いつも「おやすみ、柳、あいしてるよ」とか言い合って終える。
ちょっとケンカっぽくなって、勢いで私の方が電話を切っちゃうこともあるけれど。
ちょっと自分が落ち着いたら、またかけて、ケンカしたまま終わらせないようにしてる。
 
人間、いつ何があるかわかんないし。
すぐに会えない距離、電話やネットじゃないと消息さえわからない。
電話がつながらないと、
「もしかして事故にあったの?!」
「事件に巻き込まれてないよね?!」
とか、気になってしまう。
なにせ、都会に行っちゃったんだから、田舎者としてはすごく心配。。。

ケンカしたまま、もし、永遠に逢えなくなってしまったら…
 
絶対、後悔しか残らないから。
なるべく、お互い幸せになれるように、今を、大切に。
一緒にいられない分、表情までは見ることはできないから。
「ごめんね」と「ありがとう」は、言えるときに言っておかなきゃね。
ふと、彼が大学時代「リュ・シウォン」に似てるって言われたと言ってたのを思い出した。

そして、TVみてたら、「パク・ヨンハ」にも似てるな~って思った。



…韓国顔なのかな('-'*)?


そういえば、家族旅行で昔、韓国に行ってたらしいという話を聞いたとき、現地にとけ込んでて、違和感なかったとかいってたなぁ…と。

そういえば、高校時代アルバイト先のおばちゃんにかわいがられてたって言ってたなぁ…と。

昔好きだった、「pool bit boys」(現在解散。浅倉大介プロデュース)のDANさんに最初、にてるなぁ…って思ってた。
ちょっとかっこいいかな~と思うときと、
どうかなぁ…って思うときがあった(* ̄(エ) ̄*)
高校時代はちょっと顔がぽっちゃり(?)してたような気がするけれど、大学入って、すっきりした顔立ちに。
大学2年の時あたりが、写真見てると一番かっこよかった時期かも(笑

なんとなく、おもった。
わいるどすとろべりーだっけ?

 

彼に気持ちを伝えるとき、「好き」とは言ったけれど、「つきあって」とは言わなかった。

高校内でも
「つきあってるの?」
って女友達に何度かきかれたけれど、私は
「ちがう」
としか答えることができなかった。

彼は、そう聞かれると、

「ちがうちがうちがう…」

……って、焦ったように強く否定する。
先生にまで聞かれたときもそんな風だった。
知らない人に聞かれたときでも、否定する。
わかってるけれど…わかってたつもりだったけれど、その度、胸が、苦しくなった。


一度、


「つきあうということはないです…あきらめて、もらえませんか」


って、電話してるときに、言われたこともあった。
今まで、どんなに冷たくされても、二人っきりで会ってくれてた分、期待してた。

お互いの家族ももう知ってて、なぜか彼の家族と一緒にお花見まで連れて行ってもらってたり、彼はどういうつもりなんだろう…って、思ってた。


けれど、その一言で、わかった。

彼は、何も、考えてなんかなかったんだ。
やさしいし、友達って部分で私の相手をしてくれてて、彼の家族と一緒に出かけたりしてたのは、彼のお母さんが「こんな息子のドコがいいんだろう…」って感じで、私のことを気にかけてくれて誘ってくれてたのであって、彼自身が望んで誘ったわけじゃなかった。


その一言で、今までがんばってた自分が崩れ落ちる感じがした。



どんなにがんばっても、叶わないことってあるんだ………。



どっかで信じてた。
でも、そこまで言われて、また彼に「好き」って気持ちをぶつけることが、こわくなっていった……………。


―――高校3年の、夏の出来事だった―――。