遠距離恋愛のつづけ方

遠距離恋愛歴(片想い期間含めて)8年と5日間。結婚しても遠距離でしたが、2008年4月に、ようやく同居できるようになりました♪        これからはここでは過去の遠距離片思いしていた時期の事を『History』で書き綴っていきたいと思います。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
21日に夜行バスに乗って東京へ。
天候が悪くて、約2時間遅れで到着。ほとんど眠れなかったけれど、着いたときは何故か眠たくはなかった。

駅周辺で少し買い物をしてから、彼の家へ。まだ彼は仕事中なので、合い鍵で入る。
部屋に入ると、思った以上に色んな物が散乱してて驚いた
Σ( ̄□ ̄;)
夜は忘年会って言ってたから、何時に帰ってくるのかなぁと思ってたら、一度夕方の6時頃彼が帰ってきた(*^^*)
11月は会えなかったから、約2ヶ月ぶりの再会。
でもすぐに彼は忘年会へ…(・_・、)

そして夜中の0時頃、忘年会を抜け出して早めに帰ってきてくれた☆


スポンサーサイト
クリスマスツリー


明日夜行バスに乗って東京へ行く予定です♪
 
…いつもは飛行機なんですが、お金もなく、年末は飛行機高いので、行きはバス、帰りは飛行機にすることにしました(^^;
 
雪がよく降るので、ちゃんとバスや飛行機がでるのか心配です。。。
クリスマスイブはディナーを予約しちゃってます('-'*)
とっても楽しみ♪
今年は二人とも社会人になったため、少し贅沢です(ノ_ヾ)
 
 
……しかし!!
 
 
…22日に東京着くのに、彼はその日会社の忘年会!!!
 
・゚・(ノД`)・゚・ 
 
なんとか「一次会で抜けてくる」って言ってくれてるけど
一番下っ端だから難しそうだなぁ(・_・、)



遠距離恋愛に欠かせないのは、会えない分、声が聞きたいってことで電話♪
私たちの場合は毎日してます('-'*)♪
学生時代はお金もなくて、毎日は無理でしたが(^^;
片想いの時、むこうは携帯もってなくて実家のコードレス電話で長電話してると、彼の母親が
「いったいいつまでしてるの!!!」って怒ってる声が聞こえました…
 
サァーーーッ Σ(||| ▽ |||)
 
彼より一つ年上の私が先に大学生となり、県外へ進学したため、遠距離片想いに…。
住んでるところは同じ四国内でしたが、貧乏学生なので帰省は長期間の休みでないとできなかったため、ほぼ毎週電話をかけてました。
 
つきあい始めてからも同じように週に1回か2回で、あとはメールをしてたのですが……。
「おはようメール」と「おやすみメール」は毎日しよう!!
って約束してたのですが、彼がよく忘れるようになり、私の方もなかなか彼と連絡が付かないので、メールをするのも段々めんどくさく(!?)なってきたため、電話をするようになりました(* ̄(エ) ̄*)
 
しばらくドコモだったのですが、お互い社会人になり、彼の就職先が東京になってしまい、毎日するには電話代が1万円を超える月が多くなってきたため、二人専用の電話を持つことに決めました♪
 
それが…
 
携帯

 
WILLCOMです♪二人でまとめて契約したので(私の家族の名前で2台同時に契約)、月々二人合わせて5100円で話し放題です♪
ドコモの携帯も友達等との連絡用においていますが、安い料金プランに変更し、かなり節約できるようになりました♪
(…別に社員ではございません(^^;)
 
最近、ボーダフォンも300円の定額プランが作られましたね~☆遠恋ツールとしては、やっぱり電話は欠かせません(*^^*)
現在彼も自分もボーダフォンの方はお得ですが、現在ドコモとかで今の携帯は捨てたくないな~って方は、WILLCOMは便利だと思います♪
せっかくなので初めてトラックバックしてみます♪
 
現在つきあって4年目の彼とつきあう前のクリスマス… 
つきあってないのにクリスマスデートに誘い(もちろん私から…
地元で少しイルミネーションがきれいな公園に…。
当時高3だった彼と大学1年の私。
お金なんてないし、私の完全な片想いだったから、一緒にいられるだけでほんとに幸せだった。
近くの商店街で一番人気の肉まん屋さんで、彼は肉まんを、肉まん嫌いな私はあんまんを買って、その公園のベンチに座って食べることになった。
 
 
路上ライブしてる人、家族で団欒してる人、カップルで寄り添ってる人…
 
ベンチに二人で10cmも離れないで座ってる私たちは、どこからみても普通のカップルだったと思うのに、彼の気持ち的には「友達」だった。
 
でも、私が肉まん嫌いだと知って彼は
 
「これ食べて!おいしいから!!」
 
と言って、自分の肉まんを一口大にちぎって、私の口元に持ってきた!!!
 
おもわず「ぱくっ」っと食べてしまった。
 
…内心「これって「あ~んして」とかと同じでは…」と、すごくドキドキしてた。彼に食べさせてもらったせいか、その日から肉まんが好きになった。
 
 
次の年のクリスマス。
 
本当のカップルになって、また同じベンチに座って、同じことをした。
 
彼氏とは、高校2年の時に出会った。
最初の印象は、「この人、笑うんだろうか」ってくらい
無愛想で、でも顔はちょっと好みだった。
 
一つ年下で、部活は同じ弓道部。
まじめそうで、顧問の先生に誘われて私と同じ生徒会にも入った。
 
時々男友達と笑ってる姿を見て、

「この人はどんなことで笑うんだろう」

って、気になるようになった。
 
生徒会のイベントで、堂々と自分の意見を発表しているところを見て
少し、彼のことを尊敬するようになってる自分がいた。
 
…自分が男の人を好きになるときは、まず「尊敬できる人」が
第一条件だったりするし。
 
お互い本好きでよく図書室でも見かけた。

そんなある日。


「もしかして図書室に彼がいるのかな…」


そう、思いながら図書室のドアを開けた瞬間!
 


……目の前に、彼が、いた。
 

 


………これだけ恋におちた瞬間が確かにわかったのは、初めてだった。
 


ご訪問ありがとうございます♪

『二人のHistory』では、二人の出逢いから、つきあい始めるまでの過程を、過去の自分の日記から思い起こして書いています。

しあわせでつらかった片思いの時期のことで、いろんなことがありましたが、今は遠距離でも、その分仲がいい気がします(*^^*)

今、片思いしてる方、遠距離恋愛してる方に、

「こんなカップルもいるんだなぁ…」

と、ちょっとでも知って頂けて、少しでも励みになればなぁ……なんて思ってます(*ノノ)




History1.彼氏との出会い

History2.告白

History3.一番つらかったこと。

History4.高校3年・秋

History5.誕生日プレゼント

History6.初デート?

History7.推薦受験前日

History8.受験当日と2度目のデート

History9.期待したい、したくない

History10.推薦受験結果発表

History11.あきらめられない気持ち

History12.最後のマラソン大会と、二人きりの部屋

History13.彼のほっぺた

History14.やり場のない想い

History15.後悔

History16.手紙

History17.クリスマスの祈り

History18.告白してから1年

History19.年が明けて

History20.今やるべきこと

History21.センター試験

History22.My 18th Birthday

History23.彼の修学旅行

History24.風邪

History25.未練

History26.約束

History27.約200kmの距離

History28.バレンタインデイ

History29.卒業式

History30.ホワイトデイと遠足

History31.夢の中

History32.最後の10日間

History33.遠距離片思い、始まり。

History34.約一週間ぶりの再会

History35.こない手紙

History36.GW―初めての帰省―

History37.想い続ける勇気

History38.長電話

History39.片思い歴、1年半

History40.一喜一憂

History41.「好き」と「愛してる」の違い

History42.偶然

History43.元彼・告白

History44.元彼・別れ

History45.想われたいキモチ

History46.夏の終わり

History47.先が見えない